内科

Internal medicine

内科は「健康に長生きして欲しい」をサポートする分野です。

健康診断をし結果を正しく解釈することは、異常の早期発見・治療によって重篤な病気に発展させないために大切な事です。なぜなら動物たちは、自らの症状を訴えることが少ないからです。
また「どこが悪いかわからないが、何かおかしい」こういう場合にも、異常を確定し治療をするために動物を総合的に診察する技術が必要になります。

クリエ動物病院では検査機器を揃え、種々の検査を短時間に実施し、この結果をもとに獣医学的根拠と問題点に立脚した系統的獣医療を行います。
科学的な思考力と、倫理観を持って、動物の心、動物・ご家族の背景を理解しながら、動物と家族にとって最も良い方法を飼い主様と相談しながら決める「安心して一緒に治してゆく治療」を心がけています。

内科の病気は慢性のことが多いため、多方面からのサポートが必要となります。
獣医師は動物の状況を正確に把握した上で療計画を立て、看護師は自宅でのケアや注意事項など飼い主さんの目線にたったアドバイスをします。トリマーはシャンプーやカットが必要な動物に負担がないようなトリミングで清潔を保ち、インストラクターは動物の精神面を理解し飼い主さんにアドバイスするなど、さまざまな方面からサポートが出来るよう力を合わせて治療に取り組んでいきます。

外科

Surgery

整形外科の診察内容は骨折や関節疾患になります。

しかし、歩き方の異常でこられた場合でも実は整形外科の問題ではないこともあり、神経系、内科系の問題が原因だったり、時には精神的な問題が見つかることもあます。

軟部外科はお腹の中、胸の中、体の表面などの手術です。
整形外科で行う手術と比べると命に関わる病気の場合が多く、手術時の動物の健康状態が悪いことが多いため、内科の技術も重要な役割を持っています。
外科手術のみではなく、内科医と協力して術前術後の内科治療をしっかり行うことが大切になります。

小動物

Small animals

フェレット、うさぎ、モルモット、ハムスター、鳥などの小動物診療に対応しています

小動物は、犬猫に比べて症状がでにくく、重症になってから気づくことが多いので、いつもと様子が違うときは注意してください。
フェレット、うさぎ、モルモットは犬猫同様の検査・治療が可能ですが、ハムスターや小型の鳥の場合は対処可能な内容が限られています。治療について詳しくはお問い合わせください。